top of page
Search
  • Writer's pictureTomizo Jinno

企業の採用活動のための映像コンテンツの構成案5タイプ

構成案1:ドキュメンタリースタイル 採用対象の企業の魅力をリアルな視点で認識することを重視します。

1. イントロダクション:企業の背景やビジョンを短く紹介します。 2. 社員インタビュー:現在の社員インタビューし、仕事のやりがいのある経験を共有します。 3. オフィスや施設の紹介:魅力的なオフィス環境や設備を映像で紹介します。 4. プロジェクトの紹介: 実際のプロジェクトにスポットライトをあて、その舞台裏や成果物を紹介します。 5. トップマネージメントへのインタビュー:経営陣の考え方やビジョンを語ってもらえます。 6. 要約:企業の特徴や魅力を総括し、応募者へのメッセージを伝えます。

構成案2:ストーリーテリング ストーリーテリングを通して視聴者の感情に寄り添うことを重視します。

1. プログ:物語の舞台や背景を紹介し、採用対象の企業の重要な要素をヒントとして提案します。 2. 主人公の紹介:主人公となる社員やインターンシップ参加者を紹介し、みんなの目標や夢を述べます。 3. 障害の克服:主人公が企業の挑戦や困難に立ち向かいながら成長していく様子を描きます。 4. チームワークと協力:社内のチームワークや協力体制を強調、成功の裏にはチームの力があることを伝えます。 5. 成果の紹介:企業の成果と成長プロジェクト、従業員の活躍と企業の影響力を示します。 6. エピローグ:主人公の成長や企業への想いをまとめ、視聴者に応募の表明やメッセージを送ります。

構成案3: クリエイティブアプローチ 視覚的な効果やクリエイティブな要素を取り入れることで、視聴者の注意を重視します。

1. イントロダクション:企業のロゴやキャッチフレーズ、アニメーションなどを用いて、

視聴者の関心を集めます。 2. 視覚的な魅力: 鮮やかな映像や美しい風景、性の高いオフィス空間などのデザインを紹介し、

視覚的な魅力を強調します。 3. クリエイティブな仕事の紹介:企業の特徴的なプロジェクトや創造的な取り組みを

ユニークな映像手法やグラフィックで紹介します。 4. インタビューとストーリー:社員やクリエイターによるインタビューやストーリーを、

個人のパーソナリティや独自性を伝えます。 5. アクションとエネルギー:活気あるシーンやアクションを盛り込み、企業のダイナミズムとエネルギーを

表現します。 6. 結論:企業のブランドメッセージや採用の魅力を締めくくり、視聴者に応募のアクションを訴えます。

構成案4:ドキュメンタリーコメディスタイル ドキュメンタリースタイルとコメディ要素を取り上げ、視聴者の笑いと関心を重視します。

1. コメディックなプレゼンテーション:企業を魅力溢れるプレゼンテーションスタイルで紹介します。 2. 社員インタビュー:最新の社員インタビューを行い、

コミカルなエピソードや楽しいエピソードを引き出します。 3. お悩み相談コーナー:採用対象者のよくある悩み質問に、

   ユニークなキャラクターやコメディックに答えるコーナーを設けます。 4. 企業の特徴や文化を考慮したミックススケッチで紹介します。 5. プロジェクト成果のドタバタ紹介: 実際のプロジェクトの成果やその先を、

   コミカルな要素を加えたストーリーテリングで紹介します。 6. まとめとオチ:企業の特徴や魅力をもう一度繰り返してまとめ、

   最後に意外なオチを読んで視聴者の感想に残ります。

構成案5:ミニドキュメンタリー 短いコンテンツ映像に複数のストーリーを盛り込むことで、視聴者の興味を引きつけます。

1. イントロダクション:企業の魅力を短く強調し、視聴者の関心を集めます。 2. 社員ストーリー1:1人の社員の取り組みや成長ストーリーを追いながら、

   彼らの仕事への情熱ややりがいを紹介します。 3. 社員ストーリー2:別の社員のバックグラウンドキャリアパス、業務における貢献や賞をいただきます。 4. チームのコラボレーション:複数の社員やチームが協力してプロジェクトの進行状況を捉え、

   チームワークの重要性を示します。 5. プロジェクトの成果とインパクト:実際のプロジェクトの成果やその産業へのインパクトを紹介し、

   企業の成果をアピールします。 6. 結論とメッセージ:企業のブランドメッセージを強調し、応募者へのメッセージやアクションを提起します。


Comments


bottom of page