技を引き継ぐ乙川人形

乙川人形店

江戸・天保15年頃、飛脚屋をしていた杉浦伊佐衛門が京都伏見から、人形製作技術を学んできてこの地で始めました。材料の粘土が採出したことや、販路の利があり盛えましたが、次第に雛人形など豪華なものが好まれるようになり、現在では土人形はほとんど製作されなくなりました。技を引き継ぐ乙川人形店6代目・杉浦寛さんの技をご覧ください。

場所:乙川人形店

住所:愛知県半田市乙川稗田町170

 

中部国際空港(セントレア)から約26分

※所要時間は自動車専用道路等利用の場合の目安です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左の地図中の   をクリックするとGoogle Mapが開きます