top of page
Search
  • Writer's pictureTomizo Jinno

映像は三通りある

映像というと、ひと昔前であればテレビ番組・映画でしたが、現在はインターネットに公開する「動画」が大きなシェアをとっています。一般的にはこの2通りが映像コンテンツと認識されていますが、私たちBtoB映像制作会社は、この二つのジャンルとは本質的に異なる面を持っている「第三の映像」と言えます。

それは以下のような「企画力」の違いからわかります。


テレビ番組(TV-CM含む)や映画を制作する会社の企画力:一般大衆が訴求対象

一般大衆が訴求対象

  1. 視聴者のニーズを把握: テレビ番組やTV-CM、映画は、多くの人々に向けて広く視聴されるため、視聴者のニーズや嗜好を正確に把握する必要があります。テレビ制作会社は、マーケットリサーチや視聴率データなどを活用して、視聴者が関心を持つトレンドやテーマを把握する能力が求められます。

  2. 番組構成とストーリーテリング: テレビ番組やTV-CM、映画は時間の制約がありますが、魅力的で情報価値の高い内容を提供する必要があります。制作会社は、エンターテイメント性や物語性を持つストーリー展開や、効果的な番組構成を考える能力が求められます。

  3. 多様なジャンルへの対応: テレビ番組やTV-CM、映画は、ニュース、エンターテイメント、ドラマ、バラエティなど、多様なジャンルが存在します。制作会社は、それぞれのジャンルに合った企画やコンセプトを立案し、適切な制作手法を選択する能力が求められます。

  4. 広告とスポンサーシップの活用: テレビ番組やTV-CM、映画は、広告主やスポンサー、観客からの収入に依存しています。制作会社は、広告枠やスポンサーシップを活用した企画の提案やマネタイズ、動員の手法を考える能力が求められます。


一方、BtoB映像制作を専門に制作する会社の企画力:ターゲットに絞った訴求

ターゲットに絞った訴求

  1. ブランドイメージと目的の理解: 企業映像は、企業やブランドのイメージやメッセージを伝えるために制作されます。企業映像制作会社は、企業の目的やブランドイメージを深く理解し、それに合わせた効果的な企画を提案する能力が求められます。

  2. ターゲットオーディエンスの分析: 企業映像は、企業のターゲットオーディエンスに対して効果的に伝達する必要があります。企業映像制作会社は、ターゲットオーディエンスの特性や嗜好を分析し、それに基づいて効果的な企画を立案する能力が求められます。

  3. プロダクトやサービスの魅力的な表現: 企業映像は、プロダクトやサービスの魅力を伝える役割を果たします。企業映像制作会社は、プロダクトやサービスの特長や競合優位性を正確に把握し、それを魅力的に表現する能力が求められます。

  4. メディアプラットフォームの適切な活用: 企業映像は、ウェブサイト、ソーシャルメディア、展示会など、さまざまなメディアプラットフォームで活用されることがあります。企業映像制作会社は、それぞれのプラットフォームに適した企画や制作手法を考える能力が求められます。

Comentários


bottom of page