BtoB映像制作会社がいちばん大切にするもの

すべてはお客様のために

お客様に最適な映像コンテンツを制作、提供してお客様の課題を解決する。私たちBtoBの映像ソフト制作会社の仕事はこれに尽きます。決してアーチスト気取りに自分の創りたいものを作ったり、過大に予算を掛ける提案をしたりしません。

 

映像制作費は決して安くないことは承知しています

打合せ、企画・シナリオ作成、制作準備、撮影、編集、試写、録音etc…という作業工程は、予算の多寡に関わらず大概必要になります。これらに数人のスタッフが延べ1~2週間掛り切りになりますので、そこはご理解いただきたいのですが、かと言って私たちも映像制作費というものが、一般感覚から考えて安いものだと思っているわけではありません。ですから、できる限り無駄を省いて、効果的・効率的に目的を達成しようと知恵を絞っています。

 

もっともっと考えている事

「お客様に合った企画を提案すること」です。ドラマづくりが得意だからとか、アニメが得意だからとかいう理由で企画を提案したりしません。

BtoB映像制作会社の真骨頂は「どんな企画にも対応できる」ことです。ドラマだってドキュメンタリーだって、フル3DCGだってアニメだって、どんな手法技法だって知識も経験も技術もありますし、アイデアもあります。というのが真のBtoB映像制作会社です。つまり「映像のプロ」です。

 

なんでも屋?

こうやって書くと「つまりなんでも屋であって、「得意」はないのね?」と言われるかも知れません。プロというのはスペシャルティを持っている人、という理解があるからだと思いますが、そういう意味では私たちは「映像制作というスペシャルティ」を持っています。

 

得意は視聴者に思惑通りの理解、感情をもたらすこと

テレビ番組やCMのように、万人にウケるコンテンツを作ることが私たちの仕事ではありません。私たちはお客様が狙っている対象の方々に、狙い通りの感情、行動を引き起こすことが仕事だと考えて、映像を制作しています。

 

だから私たちは、映像制作で使用するすべての技法に精通していることが重要だと考えて、そのために日々研鑽を積んでいます。さらには、視聴対象になり得るあらゆる職業、階層etc..の人々のプロファイリングのための社会勉強をしています。
 

大事だけど、仕舞っておいては仕方がない こと・・・

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive