売り込むプロダクションには要注意
こういうと随分生意気な会社のような印象を与えてしまいます。

でも、売り込んでくるプロダクションは、あなたの意向や目的、予算を無視してことを進める危険性を秘めているので要注意です。

 

BtoB映像の企画は多種多様

よく考えて欲しいのです。

このブログでよく書いていますが、BtoBのための映像制作業務では、制作手法だけとっても「ドキュメンタリー」「ドラマ」「インタビュー」「イメージビデオ」「アニメ」「CG」「短編」「長編」etc… と多岐にわたる選択肢の中から、その案件に適した方法を使用します。

ひとつの手法でなんでもいける、ということはないものです。

それがBtoB映像制作業務の本質的な性質です。

 

怪しいぞ!

BtoB映像制作会社が「うちはこれが得意です!」と売り込んだら、すなわち「うちにオーダーすると、この方法で制作します」と言うことになって、どの案件でもその方法でしか作れません、と宣言しているようなものです。

ロボット業界だからCGで行きましょう。とか

子供向けだからアニメで行きましょう。とか

BtoB映像制作業務はそんな単純なことではありません。

 

テーマと達成目的とターゲット

これらそれぞれの性質やレベルによって、企画手法はあらゆる可能性の中から検討するべきものです。もちろん予算も大きな条件です。

 

プロフェッショナルなBtoB映像制作会社というのは、世の中にある映像制作手法について、広範囲に対応可能な技能と経験を持っている制作会社のことです。世間では「番組制作をしているから一流」とか「CMプロダクションだから一流」というような誤解がありますが、BtoB映像制作会社として一流、ということは番組だってCMだって作ることができるということです。

僕の場合、BtoB映像制作が一番好き、というだけです。

 

実績を見てもらうしかない

僕は初めて問い合わせをいただく方には、弊社の制作実績を見てくださいとお願いしています。

ただし、WEBに掲載してあるものは一部ですし、これまでの実績も、これからの案件もすべて「カスタムメイド」です。どれをとっても、「あなたのイメージにドンピシャです」というものは無いはずです。

ですから、実績集から弊社の特徴や能力を読み取るには、あなたのリテラシー能力が必要です。

直感で「このプロダクションならイメージ通りの映像を作ってくれそうだ」と感じたら、どうぞご連絡ください。

 本文とは関係ありません。

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive