BtoB映像の納品形態と通信スピード5G

FILM時代
20世紀の話になりますが、かつての企業映画や行政映画の納品(16mmフィルムや36mmフィルム)は、原盤(ネガ)から反転してプリント(焼き付け)した光学(ポジ)フィルムでした。映写機にかければそのまま上映会ができました。

フィルムのプリントは短くても1本数万円、数十万円という高額になるため、プリント業務だけをとってもビジネスとして旨味がありました。

原盤から起こしただけのプリント(コピー)ではあっても、どこかコンテンツの利用料とか権利料を含む・・・みたいな感覚が制作会社側にあったように思います。

 

テレビ時代「送稿プリント」

そうした利権意識は、その後テレビ全盛時代がやってきても「送稿プリント」という呼ばれる、CM素材を入れた磁気テープに引き継がれました。

僕がこの業界に入った頃で、45,000円とか60,000円だったように記憶しています。

放送システムがアナログだったことも理由ですが、大義名分は素材の取り違いを防ぐため、テープ1本には原則的に1本の素材しか入れてはならないというルールがあって、放送する地域や時期によってバージョンが変わる場合は、その数だけプリントする必要がありました。

 

東京キー局から全国放送になるネット番組(枠)ならば素材1本でいいのだけれど、全国バラバラの放送枠で放送する場合は、ちょっとバリエーションがある内容だと、数十本、百何十本なんていうプリントが発生し、ポストプロダクションにはその作業だけで、テープ代を除いても数百万円の粗利が稼げちゃう時代があったのです。

 

時は流れて・・・。

実はデジタルの時代に入っても、放送業界ーCM制作業界では強硬にこの習慣(?)を守ろうとしていたキライがあり、今年ようやくオンラインで送稿できる体制が整うようです。

送稿プリント利権ビジネスがここに終焉を迎えることになる(のか?)。

 

BtoB映像業界ではとっくにオンライン

さて、我々BtoB映像制作業界の「納品」はどうなっているか?

というと、現場ではとっくにオンラインでのデータのやりとりで仕事しています。

とっくにメディア(テープやCD/DVD盤)での納品は影を潜めてしまいました。

 

納品だけではなく

撮影した素材の受け渡しから、編集途上での試写はもちろん、納品データでさえWEBを使って送信することが大半になっています。

この状況には、たぶん5Gの通信環境が普及すると、もっと劇的な変化が訪れるに違いありません。

素材はクラウド上に置いておいたまま、ローカルの編集ソフトで素材に紐付けながら編集する・・・なんていうのはお茶の子さいさいでしょうし、撮影現場と編集スタジオが地球の裏側同士・・・ということだって普通になるかも知れません。

 

通信スピードは映像制作業の既成概念を破壊する

かつて、ネットの通信スピードが光回線の登場で向上した時、我々の映像制作業界は劇的変化の時代を迎えました。

では5Gの時代に何が起こるのか?

それはまだ誰も想像しないような変化かも知れません。

願わくは、弊社にとってチャンスとなるような変化でありますように。
 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive