企業映像(VP)は「考え好き」に

考える前に動く
世の中には、ものごとを「よく考えずに進めるやっちゃなー」と思う人がしばしば居ます。 しかし、社会はそういう人もいるからこそ前進する面がありますから、僕は一概にイケナイことだと思っていません。 ただ、ことBtoB映像(いわゆるVP)を制作する人間は、「よく考える」ことが好きな人間に向いている、というお話です。

(除く:TV-CMとそれに類する短尺映像)

 

映像は英語でIMAGE

日本語英語での「イメージ」は、それこそ雰囲気とか印象とか、とてもふわ~っとしたイメージ(!)という意味だから、「映像」もとっても雰囲気的なもの、表面的、見た目だけ、みたいな理解(先入観)を多くの人が持っているのではないでしょういか。

だから、それを制作する時も、ふわふわーっと作るんじゃないんですか?!って思ってないですか?

 

ふわふわしたものをふわふわ作っている?

違うんです。アタリマエですが。

BtoBの企業映像を制作している僕らは、ふわふわしたものをふわふわ作っているんじゃなくて、形や色を持った具体的な画像をコツコツ地味に作っています。画面の中のものは、目に見える形や色を持っていなくてはなりませんので、どんなに抽象的なことを伝えようとも、その画像はあくまで「具体」ですから。

 

はじまりはTEXTでも

どんな広告制作でもビジネスとしての創作は、最初は「イメージ」は言葉(TEXT)で表現されますが、それを目に見える形や色(IMAGE)に変換する作業は、どこかで誰かがやらなくては、いつまでたっても映像は目に見えるものにはなりません。いつまでも雰囲気や(日本語意味での)イメージを語り合っていたところで、誰かが具体的な絵を描かなければ始まりません。

 

誰が絵を描くのか

ひとつの映像制作案件が立ち上がると、クライアント(上司-担当者)、代理店(営業担当-制作担当)、制作会社(プロデューサー-シナリオライター-ディレクター)というような、仕事の流れが生まれます。

さて、このうち誰が「絵を描く」と仕事はスムーズに進むでしょうか。

 

絵を描くと条件も決まる

イメージ(TEXT)をイメージ(画像)に置き換える「絵を描く」という作業は同時に、映像を実際に作成する技術的、経済的、時間的な条件を設定する作業でもあります。これにより予算と品質と納期が定義されます。この条件定義は、映像制作の技術や費用に詳しくなくてはできません。それを映像化するには高度な技術と予算が必要なのに、予算が無い、制作期間が短い・・・では困ります。

 

クライアントはわがままでいい

お客さん(クライアント)であれば、「こんなイメージの映像が欲しい」と、それだけでOKです。

お客さんなんですから、これで立派なオーダーです。

僕らは、ふわーっとしたイメージを、形(映像)にするために、企画の立案から始まって、フルコースの提案活動、コミュニケーション工程を踏みながら制作していきます。ちょっとだけお代金がお高くなりますが、これが一番賢く順当なプロダクションの使い方です。

 

つまり、映像制作会社のプロデューサーかプランナー・シナリオライターが「絵を描く」を担当するのが、コストパフォーマンスがいちばん有利になると思います。(ディレクターでもいいですが、プロジェクトの早期から現場の人間を投入するのは、プロダクション経営上効率的ではありません。)
プロダクションに、あなたの希望ご予算・納期内に、より品位が高い(意向に近い)映像を制作させるなら、これです。

 

先に絵が描かれた企画

逆に、すでにクライアントや代理店内で絵が描かれていて、僕らに投げかけられる案件は、映像の定義が決まっていますので、結局「おたくなら幾らでいつまでに作れますか?」という問いかけになります。とどのつまり見積競合へのお誘いです。

 そのお誘い文句の中の映像の条件設定に無理があれば「これはできません」と言うしかありません。請け負うということは「できる」と保証することになると思います。少なくともクライアント、代理店はそう解釈します。

 ご注意いただきたいのは、本当は「これ変だな」とか、「これ無理があるだろ?」と思っても「クライアント(代理店)が言うのだから構わないだろう」と請け負うプロダクションが多いことです。さらには、企画を読んでも、その問題点に気づかない素人プロダクションもゴマンとあることです。

 

考え好き、想像好きにお任せください

イメージ(雰囲気や印象)を本当のイメージ(画像)に置き換える作業は、たいへん面倒な作業です。平面(2次元)に書かれた文字を3次元+時間軸の画像(映像)にするのですから、撮影可能なのか?作画可能なのか?絵のつながりから生まれる意味や整合性、映像トーンの一貫性などは問題ないか?、など頭の中でものすごい量の演算、シミュレーションを繰り返します。考えること(思索する、想像する、創作する・・・)が好きな人間でないとやってられません。

ちょっと言葉が激しいですが、考えることが苦手な人がこれをやるのは、やめたほうがいいです。特に企業VPはCMと違って長いですから、真剣にやると、本当に面倒臭いです。必ず途中で投げ出したくなります。そういう方が中途半端に創作した企画を引き継いだ人間は、合わない辻褄をムリムリ調整することになりますから、正直言うと僕ら困っちゃうのです。

 

例えば、カタチにしたいイメージというのが抽象的な概念だったり、ものすごく複雑なロジックを持っているものだと、映像の時間軸をたくさん喰うことになります。ようは、難しいことを説明するにはたくさん時間(尺)が必要になります。

こうした難しい「絵を描く」と、映像の尺が長くなるばかりでなく、創作に大量の情報や時間が必要になり、予算が膨らみ、いずれもクライアントの与件にはまらないことになります。

こうしたことにも気を使いながら、映像(VP)の「絵を描く」という作業は進めなくてはなりません。テレビ CMや短尺(1分以内程度)のWEB動画以外の「絵を描く」仕事は、考えることが好きな僕らにお任せいただいた方が得策です。

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive