B2B映像の制作工程とお客様とのコミュニケーション

始まりは1本のメールや電話

お客様のビジネスの展開上、映像ソフトを制作する必要性、ないしは映像ソフトを使用するアイデアが持ち上がった段階で接触をいただきます。

弊社は広告代理店ではありませんので、需要のないところにこちらから営業をかけることはあまりありません。つまり映像を必要とするそのプロジェクトへの投資金額や目的、制約などの条件はお客様企業内で概ね出揃っていますので、我々はまずその要件をヒアリングし、お客様が描いている映像のイメージを掴んだ上で、ご用意されているご予算や条件でそれが実現できるかどうかを短時間で測ります。


プロデューサーはその場で判断する

様々な制約や条件はあるものの、やり方によっては制作可能、あるいは無条件で制作可能と考えた場合にはすぐさま、お客様が要望される提案書類を作成、提出します。

無償の範囲内で提出できるのは、煩雑な調査や下見を要しない①見積書(概算)と、想定できる②スケジュール案、そして非常に簡単な③仕様書ないしは構成案です。

 

構成案については時間を要するレベルのものや、調査や下見を要するものは、プレゼン費用をいただく場合があります。

見積書・スケジュール案・仕様書(ごく簡単な構成案)、これら3点セットをお客様にご覧いただき、内容の妥当性やご予算との整合性、競合他社との比較によって発注いただくかどうか判断いただきます。

(平均的によくある流れを書いています。すべてがこの流れではありません。)

 

発注!

ご発注いただくと決めていただいた場合は、正式なヒアリングや下見、調査に伺い、構成案やシナリオ作成に移ります。ここでよくあるのが、シナリオを提案してもらってから発注を判断したい、あるいは他社の提案するシナリオと比較して発注先を決めたい、というご要望ですが、弊社ではシナリオの制作には相当の時間と労力を掛けますので、こうした企画コンペはプレゼン費用を頂戴しています。ただし長年の顧客様や別プロジェクトとの兼ね合いがある場合、お引き受けすることもあります。

 

シナリオ案ができました

その提案と同時に、そのシナリオに基づいた見積書を提出します。ただし、ご予算の幅はあらかじめお聞きしていますので、それを超えない範囲でシナリオを書きますが、場合によってはお客様のご要望を全て入れた場合には、ご予算を超えてしまう場合もありますので、ご予算の範囲内というシナリオ案と要件を全て満たしたシナリオ案の2タイプを提案することもあります。また、ご予算を予め固定して示していただく場合は、その範囲内でできるだけそれ以上の価値を含めたシナリオ案をご提案するよう心がけています。

 

シナリオは設計図・仕様書

シナリオは、建築でいうところの設計図ですので、ここでのコミュニケーションは細心かつ深い情報共有とご理解をいただけるよう配慮することが、プロデューサーの大きな役割です。

シナリオ(設計図・仕様書)が承認されるのと同時にご予算の交渉も妥結すると、本格的な制作工程に入ります。

もしここで妥結に至らないと、映像制作会社はシナリオ制作にかけたコストが回収できなくなりますので、確実に仕事にする能力、それがプロデューサーに必要な基本資質です。

(つづく)
 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive