絵コンテと映像制作会社・その1

 

はじめて映像制作を発注する時
わからないことは多いですよね。とくに、どうやってイメージを摺り合わせるのか、何をもって映像の設計図あるいは仕様書とするのか、よくわかりませんよね?

プロダクションによって、あるいは作る映像のジャンルによって、また制作期間、発注経緯によって、摺り合わせの方法が千差万別であることが、この業界がまだ未成熟である表れとも言えます。


産業映画勃興の頃

かつて、主に映画屋さんやテレビ局の子会社が映画製作や番組制作の片手間に?産業・企業映画を作っていた時代(1980年頃まで)は、業界内の習慣をそのまま、お客様である一般業界に持ち込んで「これがシナリオです」と、映画や番組の制作方法と変わらない「台本」をつくり「見積書」と合わせてクライアント提出していました。提案物はこれだけです。

 見積書は、その台本に書かれている項目を数え必要撮影日数を拾い出し単価を掛け、演出家や脚本家は総予算の5%とか10%という目安、選曲や編集の技術料は10分刻み(完成尺)で単価が決まっている、というものでした。そうすると、よくある地方自治体の広報映画のような場合、制作期間が半年から1年、予算はだいたい1,000万円くらいでした。


台本は文字しか書かれていない

当時の台本は、あくまで台本であって、企画書でもデザインボードでもありません。文字の羅列しかないので、素人ではいったいどんな映像が出来上がるのか、よくわからないまま「ああ、この行事入っていますね」「この説明文は少し直してください」というやりとりだけあって「はい、ではお願いします」となっていました。

 

偉そうな人に作っていただく映画

作り手が「映画作りは素人にわからないから、お任せなさい」という姿勢であったことは否定出来ない事実です。僕はそうした「業界ぶって偉そうに」する営業スタイルがとても嫌いで、いつも反発していたことを覚えています。

 でも、映画が出来上がって試写をすると、必ず「ほ~っスゴイですなあ」と大喜びされることも常でしたから、プロダクションが偉そうに振る舞ってしまうのも仕方がない時代だったかも知れません。フィルムの時代の映像製作は技術的、資金的なハードルが高く、一般世間には映像を作れる人は特殊な技能を持っているように見えていたのでしょう。

 

脱線してしまいました。


お任せ仕事で映像の実験場ではあった

映像をつくることは特殊な技術や感性が必要だからプロに任せておけば良い。という時代は、ついこの前まで続いていたように思います。何千万円、何億円という機材、設備を使って撮影、編集するのだから予算は高額で当たり前。映像の内容に口を出そうものなら、難しい用語であれこれ言われて、追加予算を請求されかねない。だから黙って出されるものに納得していたのかも知れません。何よりも、身近な風景や人々が映像になるということ自体が非日常の時代でしたから。制作関係者は、自分がいいと思う企画を存分に試すことができた、幸せな時代でした。


今では誰でも作れる映像世界

さて現代では、映像なんて自分で撮影も編集もできてしまう時代。プロに任せようと考えるのは、プロならではの高度で安定した技能で、効果的な映像を作りたいと考える時。ある程度の企画の骨子やイメージは自分で持っていて、その先の作業を任せたいということが殆どです。自身で企画のイメージは持っていますので、映像の世界観やトーンがどうなるのか、とても気になります。だから、提案時はより具体的な映像の流れ、世界観を知りたいと考えることは宜なるかなです。

 

そこで登場するのが、絵コンテやストーリーボード、デザインボードと呼ばれるビジュアルコミュニケーションツールです。  

つづく→「絵コンテと映像制作会社・・・その2」


 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive