愛知県の映像制作会社はタフで真面目

製造業の国でクリエイティブを売るということ

「ものづくりの中部」「製造業の集積地」「世界に主要部品を供給」など、様々なキャッチフレーズがつく名古屋WEB動画制作所の本拠地・愛知県名古屋市。

リアルプロダクツという言い方があるのかわかりませんが、目に見えるモノ、製品や部品を産み出す産業に囲まれていると、バーチャルプロダクツ製造会社はとても鍛えられます。

頭脳労働もカンバン方式

あるメーカーの代名詞でもある、ジャストインタイムとコストダウンが、なんと私たちのような業務にも適用されるからです。企画案であろうとシナリオ案であろうと、はたまた撮影であろうと「今欲しい」と言われれば「ハイ」と応え、同じタイプの仕事が継続すると自動的に値引きが適用される世界で生き延びてきたから。

クリエイティブをカンバン納品する?

でも、やっぱりクリエイティブという頭脳労働を商品とする映像制作業では、アイデアを練る時間や寝かせて熟成させる時間も要るし、完成物の仕様は同じでも部品は全部新規制作。やることは1から10まで必要になります。量産が続いたから1から5は省いていいよ、とはなりません。

鍛え上げられた中部・愛知のソフト産業

その結果、僕らの映像制作業界は体質を極限まで絞り、強靱な筋肉を鍛え上げることで生き延びてきたのです。その結果日本の都・東京に出て行って仕事すると「え?もうできたの?」とか「そこまでしてくれるの?」と言ってもらえます。東京のみなさん、愛知県の映像制作会社は「買い」ですよ!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive