舞台設定は特殊技能ではなくなりました

「動画マーケティングは新しくない」というお話、その1

 

従来はお客様はシナリオは言うに及ばず、マーケットへのアプローチ方法=映像の舞台設定はプロに任せておけばいいと考えていました。

しかし今ではメディアリテラシーが一般に広がり、視聴者が映像の裏側を「深読み」する時代です。自分自身が映像をつくるという立場になれば、こうした映像企画の舞台設定に目が行くようになることは当然の流れかも知れません。

 

映像制作界はこうした「映像の舞台設定」、その裏側の仕掛けはお客様に明かさず「秘伝」とすることで映像技術の価値を温存し、一般的な基準からみてちょっと高額な報酬を得ていたようにも思います。それがアタリマエのビジネスモデルでした。

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive