動画によるマーケットづくり・「映像の舞台設定」をクライアントも考える時代に

「動画マーケティングは新しくない」というお話、その2
 

今は、この「映像の舞台設定」をお客様企業内で検討するようになってきました。

テーマとなる商品やサービスを理解するためには膨大な専門知識や業界環境情報が必要であることや、理解力を備えた外注先が減少してきたことが原因かも知れません。

 

また従来の映像制作は、このプロセスをブラックボックスとして大掛かりな舞台設定を提案し、「映像制作はお金がかかる」という常識をつくってきたとも言えます。

コストパフォーマンスを極限まで追求する今のビジネス社会では、これは通用しません。

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive