top of page
Search
  • Writer's pictureTomizo Jinno

企業映像の歴史と今

Updated: Jun 6, 2023


企業映像はビジネスがビジネスに対して(BtoB)アピールするために制作される映像と、ビジネスが一般の人々を対象として(BtoC)に大別できます。日本において企業映像が始まった時期は、大衆向け映画が普及し始めた第二次大戦前後で、映像というメディアがまだ珍しく、大衆が映像から受ける影響は極めて大きいものでした。

そのため戦意高揚のために映画が利用されたことから、人々はその洗脳力の強さを認識し、戦後、さまざまな産業において自社の高邁な存在感をアピールするために映像(映画)を使うようになりました。

いっぽう、映画(フィルム)がビデオ(テープ)にとって代わった頃から、映像はBtoB間でのPRに非常に有効であり、かつ(企業活動としては)非常に安価に利用できることから、この分野が一定の業界を形成するに至りました。

そしてビデオ映像は今では「動画」と一括りにされ、その技術も費用も大衆化。その使用目的もBtoB/BtoC/CtoCすべてに拡大しました。


さて、この企業映像の歴史をChatGPTはどのように文章にしてくれるのでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企業映像は、企業や組織が内外のステークホルダーに対して情報を伝え、印象づけるために制作される映像のことを指します。以下では、その歴史を大まかな時代区分に分けて論じてみます。

1945年の戦後復興期から1960年代にかけて、日本の企業映像は主に産業振興や国民経済の再建を目的として制作されました。公共事業や新興産業の発展、輸出促進などが重要視され、企業映像はその一環として活用されました。特に、鉄鋼や自動車、電機などの産業の成長を伝えるための映像が盛んに制作されました。

1970年代から1980年代にかけては、日本の経済成長がピークを迎え、企業映像もその影響を受けました。大手企業やメガバンクなどが自社のイメージ向上や広報活動の一環として映像を活用しました。この時期の企業映像は、経営理念や企業文化の紹介、商品・サービスのプレゼンテーション、社員教育など、幅広い目的で制作されました。

1990年代以降、グローバル化の進展や情報技術の発展により、企業映像のスタイルや手法も変化しました。インターネットの普及により、企業のウェブサイトやソーシャルメディアを通じて映像コンテンツを発信するケースが増えました。また、多国籍企業や外国投資家へのアピールや、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として映像を活用する企業も増えました。

現在の企業映像は、さまざまな形式やテーマで制作されています。一部の大企業では、ブランドメッセージやコーポレートストーリーテリングを重視した映像を制作し、企業のイメージ向上に努めています。一方、中小企業やベンチャー企業では、新製品の紹介や技術解説、業績報告など、具体的な情報を伝える映像を制作するケースもあります。さらに、持続可能な経営や環境への取り組みを強調する映像や、社員の活躍や働き方改革を紹介する映像なども制作されています。

また、近年では映像技術の進化により、企業映像のクオリティや表現の幅も向上しています。CGやアニメーションを活用した映像や、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの技術を取り入れた映像も増えてきました。これにより、視覚的に魅力的で情報を伝えやすい映像を制作することが可能になりました。

さらに、ソーシャルメディアやオンラインプラットフォームの台頭により、企業映像の配信方法や視聴環境も多様化しました。YouTubeやビジネス向けの動画プラットフォームを活用し、より広範な視聴者に対して映像を発信することができるようになりました。また、企業の内外のステークホルダーとのコミュニケーション手段として、映像を活用する企業も増えています。

企業映像は、企業のイメージ形成や情報伝達、関係構築において重要な役割を果たしています。効果的な映像戦略を展開し、視聴者の関心を引きつけることで、企業の競争力を高めることが期待されます。今後も技術の進化や社会の変化に対応しながら、企業映像はさらなる発展を遂げていくことでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


概ね合っていますが、やはり平均的な見解というのは面白味(驚き、新知見)はないですね。

Comments


bottom of page