• Tomizo Jinno

CMの企画と制作予算・見積書②

撮影・日数・場所

シネマチックなプロ用撮影機材、完璧な照明を目指すならば撮影・照明関係費だけで1日、100万円を超えます。いっぽうバラエティ番組の取材のようなスタイルで撮ることができる企画だってあります。こうした場合は、照明、音声を入れても30万円でおつりが来るかも知れません。ただし、前者も後者も遠方でのロケで、前日入り、宿泊が伴うと拘束料として機材も人も2倍とか1.5倍になります。もちろん交通費、宿泊費、食費なども別途必要です。

もちろん、ロケーション、スタジオセット、それぞれに大きな経費が必要です。

有名出演者

タレントやアスリートのようなプロ出演者を起用する場合、撮影当日の拘束料としてのギャラに加えて放映期間、放映エリアに応じた契約料が必要になります。原則的に素人出演者の手配は制作会社側では行いません。万が一、その中に将来不祥事を起こす人がいても、責任がとれないからです。画面に背景に賑やかしに座っていたり、歩いているエキストラの手配はしますが、これはギャラと手配費、交通費、お弁当代などが必要になります。

衣装にこだわらなければ自前の洋服を持ってきてもらいますが、イメージを指定する場合は衣装レンタル費、作成費に加えて、スタイリストやメイクアップアーチストの費用が加わります。


CGや実写との合成

CGの品位、実写との合成の品位は予算に比例すると言って間違いありません。クロマキーという技術を使えば、実写の上にCGを載せることは簡単ですが、それを綺麗に違和感なく仕上げるには、様々な準備と技術、機材が必要なため、この部分の予算が全体の半分を占めることも、時にはあります。

著作権フリーなら格安

いまはネットに様々な楽曲販売サイトが公開されていて、相当品位の高い音楽が数千円からの予算でフリーで使えたりします。

ただし、CMの企画にドンピシャのイメージの曲が欲しければ作曲家やミュージシャンに依頼して、作曲、演奏、録音してもらうという方法があります。この場合、ランクによって数十万円から可能ですが、有名どころとなると数百万円以上になります。もちろん「タイアップ」という方法で、ミュージシャン側はヒットを狙い、双方WIN-WINの料金設定をする方法もありますが、これは放送回数や再生回数が相当の数字を見込めないと成立しない契約です。


媒体がYouTubeであっても、テレビあっても、画面の中に映っているもの、聞こえてくる音が同じであれば、制作費は同等です。

むしろTVは放送エリアによって出演者の契約料が上下しますが、YouTubeはUpしたら即、TV全国放送と同等の契約料です(原則)。

CMの企画と制作予算・見積書②

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.