• Tomizo Jinno

CMの企画と制作予算・見積書①

YouTube用もTV用も作り方は原則同じ

みなさんが「CM」と聞いてイメージする15秒とか30秒の映像は、2分、3分、あるいは10分くらいの尺があるPR映像とは、企画も構成も大きく異り、短い尺の中で端的に狙ったイメージを伝える、映像の粋とも言える「凝縮した企画」が必要です。

YouTubeだからテキトウに!?

YouTube動画はいくらかラフな作り方でもOKという考え方もあるけれど、一流企業のCM動画ならば、YouTubeだからといい加減な作り方は許されません。TV-CMとなんら変わらない制作費が掛かります。放送、放映する媒体によって変るのは、媒体費(方送料、掲載料)だけです。企画が同じなら制作費は同じです。


予算に占める要素

CM映像・動画の場合、企画(絵コンテ)を考える時、予算にいちばん大きな影響を与える要素は

①撮影規模、日数、場所(旅費、交通費含む)

②有名出演者の出演費、契約料

③CGの品位、CGと実写との難易度、品位

④有名楽曲などの使用料、オジリナル楽曲の制作費

大まかに書き出すとこんな感じです。


企画の幅は予算の大きさできまる

50万円の予算で考えられるCM企画案と、3,000万円で考えられるCM企画案は大きく違うことはご理解いただけると思います。50万円の予算から有名タレントのギャラを出すのは不可能ですし、CGと実写を合成すると、安手の漫画のノリになってしまいます。3,000万円の予算があれば、地中海の青い空、青い海を背景にプロモデルを歩かせることもできます。

明日は、①~④までの予算面について考察します。

映像・動画の企画と制作予算・見積書①

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.