• Tomizo Jinno

BtoB映像制作業における最近のお客様の傾向 その1・短納期

できないことではない、が

ビジネス映像に関わらず、撮影さえ終えれば、ゴールである納品まではそれこそ3日でも終えられます。撮影→編集→試写・修正→録音・納品を各1日で済ませられれば3日です。これは実際に稀にあることです。

ただし、このプロセスが可能なのはお客様が制作者を全面的に信頼していることが前提です。また、制作者がお客様のこと(商品のこと、会社のこと、市場のことなど)をよく理解していて、お客様と共通認識を持っている必要もあります。


初対面の方が・・・

最近の傾向は、初めてのお取引の会社が、3日は極端にしろ2週間とか、1ヶ月での納品を前提にお話を持ち込まれることが多くなりました。たしかに実際の制作作業・・・、シナリオ作成、撮影、編集、試写、録音・・・は各作業は1日とか数日で可能ですので、それらの日数を足しても、小規模な映像制作ならば7日もあれば十分可能です。

でも現実には、「シナリオ」の作成ひとつをとっても、一般的な会社であれば、窓口の方との打ち合わせ→下調べ→現場の方への取材・シナリオハンティング→シナリオの作成・提案→ご検討・修正指示→打ち合わせ→修正→シナリオ再提案→ご検討・社内承認手続き・・・を経てようやく完成します。さらにシナリオが完成すると、具体的にどんな映像を撮影し、どんなCG・アニメを作するか打ち合わせをし、お客様には撮影の可否を含めて調整いただき、必要であれば絵コンテを作成し、提出します。


シナリオ完成までは約1ヶ月

通常の会社ですと、このプロセスに早くて2週間、一般には1ケ月程度必要になります。


「撮影」以降のスケジュール

さらに撮影に関する日程調整やロケハン、撮影機材、スタッフ準備にも時間が必要で、これも短くて1週間、周到な準備が必要な撮影では2週間から1ヶ月くらいの準備期間が欲しいところです。

編集作業は短い(1、2分)のものならば1日でたぶん終わりますが、少し手の込んだ編集(アフターエフェクトやモーショングラフィックスなど)をしますと、数日必要になる場合もあります。


「編集→試写→修正編集→試写」が繰り返される

編集を終えると試写をしますが、お客様が「1発OK」を出されることはまずありません。「良い・悪い」以外でも、様々なご都合がありカットの削除やら入れ替えを要請されることはあたりまえにあります。修正を行えば、また試写です。最近はWEB上で試写を行うことが多いので、日程調整を行って訪問して行うことは減りましたが、WEBで行うにしても、お客様の担当者がほかのお仕事で忙しければご覧いただくまでに数日掛かることもあります。試写→修正→試写というプロセスは幾度か繰り返され、都合2週間くらい(以上)掛かることになります。


考える時間

1週間という制作期間(納期)が、いかに相互理解が必要かおわかりいただけると思います。ご希望する映像を実現するには、映像制作工程の要所要所で制作会社への意思伝達を事細かに行い、意思疎通をは図る必要があります。

そのための時間、日にちは厭わないでください。

さらに、我々にも「考える時間」が必要です。

調査もしないで、あまりよく考えもしないで作成した映像を世に出したくありません。

映像制作における「時間」はとても大切なものです。

どうぞご理解ください。



映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.