• 株式会社映像設計_神野富三

映像制作業、誰を見て仕事を進めるか


爆弾発言!?

BtoBビジネスを行っている弊社は、クライアント企業の窓口であるご担当者の指示で動くのですが、たいへん申し訳ないのですが、実はご担当者よりも大切に思っているものがあります。

これは口にしては(書いては)いけないことかも知れません、初めて書きます。

いちばん大事なこと

仕事をいただいた時に我が社が目指すことは、まず第一に与えられた課題を解決することです。

クライアント企業に最高のソルーションを提供することが、弊社の最大かつ唯一のテーマです。

ご担当者のことはどうでもいいのか!?

そんなわけありません。

むしろいちばん大切な人です。

矛盾してないか!?

いいえ、そんなことはありません。

なぜなら、クライアント企業に最適最大のソリューションを提供することが、ご担当者にとって最大のご希望であり、願いのはずだからです。社内での栄誉だけでなく、昇進にも関わるでしょうし、その企業に目に見えた利益をもたらせば、賞与だって出るかも知れません。

映像制作はコンサルティング事業

映像作品をつくってクライアントに提供するという仕事は、ある種のコンサルティングだと僕は考えています。

与えられた目標を達成するためには、提示された課題だけでなく、潜在した課題をも見つけ出し、その解決方法を提案、カタチにしていく必要があります。

また、コストパフォーマンスもクライアントには大切な条件ですから、無駄と思われる事項はハッキリ「これは要りませんよね」と言います。

これらの過程では、よくご担当者とぶつかります。

「そんなことは頼んでない」

「これはそういうことになっているんだから関係ないだろ」

ご担当者のアイデアが課題解決の道筋から外れていることも、たまにはあります。

これも弊社はちゃんと指摘します。暗に、ですけど。

ためになるかどうか

弊社が指針とするのは、クライアント企業の「ためになるか」どうか。

これはご担当者の「ためになるか」どうか、と同義語だと考えます。

ためになることならば、少々ぶつかっても、信念を伝えればご担当者も必ず理解していただけます。

僕(弊社)はそう信じて、この仕事をやっています。

そして今があります。

これからも、そうしていきます。

僕がBtoCビジネスを請けない理由でもあります。


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.