• 株式会社映像設計 プロデューサー 神野富三

刑事ドラマの「あり得ないシーン」

Updated: Feb 6


 刑事ドラマなどで、監視カメラの映像を再生するシーンがよくある。
録画は決定的瞬間を捉えているのだが、大事な部分がよく見えない。
刑事「ここを拡大しろ!」
オペレータ「ボタンをピッ」
刑事「もっと鮮明にならないのか!」
オペレータ「ピピピピピ」
すると見る間に画像は鮮明に、犯人は一目瞭然。
もちろん街頭の監視カメラレベルの解像度ではこんなことはあり得ない。

 
毎度ながら「んな、わけないじゃん!」と画面を罵る僕。
番組をつくっているスタッフは映像のプロなのに、いったい誰がこうした「あり得ないシーン」を赦しているのか。


(以下想像)


編集オペレーター
「ディレクターの指示だから仕方がない」


ディレクター
「脚本がそうなっているから仕方がない」


TVプロデューサー
「そんな細かいこと言っても仕方がない


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.