• Tomizo Jinno

映像OFF『梅雨』

挨拶の常套句で”うっとおしい季節”といわれる梅雨。

洗濯物は乾かないし、傘は荷物になるし・・・

でも6月、

「雨の匂いのする海」に心惹かれる海の仲間は少なくない。

そぼ降る雨のなか 

船を出す時のときの「切ないような胸のときめき」は

遠い記憶の感傷なのか・・・。

雨具の後片付けを厭わなければ、薄い日差しは心地よく、

しっとりとした空気に包まれ波に揺られる気分は格別。

風が止まったり、セールが濡れて重くなるのは困るけど、

灰色の空に 心は妙に落ち着き、懐かしい気持ちなる。

そういえば大人になって

「雨に打たれる」なんてことも無くなった。

小学生の頃は、迎えを待つのがもどかしく

雨の中をずぶ濡れになって帰り よく叱られたものだ。

いつの頃から

雨に濡れるのを不快に感じるようになったのか・・・。


年齢(とし)とともに体力の衰えを感じるなか、

雨でも、風でも波でも・・・

身をさらして気持ちいいと思える時間は

あとどのくらいあるのか。

雨の匂いに郷愁を感じるこのごろ。


ちなみに雨の匂いについて調べると、

雨の降る前の匂いはペトリコール、

雨が降った後の匂いはジオスミンという物質の匂いで、

それぞれ「石のエッセンス」、

「大地の匂い」という意味の言葉だそうだ。

いずれも土に纏わるもので、

雨の空気を海の匂いと結びつけていたのは

やはり何か子どもの頃の思い出があるのかもしれない。

Recent Posts

See All

映像OFF『風とともに』

大海原に一人漂うような気持ちになる 信じた道を進んできたはずなのに、 目指す陸が見えて来ない。

映像OFF『桟橋で内緒ばなし』 

無理させちゃったね。 台風の時は吹きっさらしで置いてけぼり。 大波に叩かれて走り続けた時は あちこちネジも緩んじゃったしね。

映像OFF『秋の宵』

孤独の味は絶品。 身体の奥から「自由であることの感慨が」湧き上がり、 幸せに包まれる。 孤独の味は絶品。 でも味わうには条件がある。

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.