• Tomizo Jinno

映像制作費はなぜ高額なのか?

「プライスレス」な人間が金額に置き換わるから

映像制作のプロセスで目にするものの中で、カタチのあるもの(もちろん人間にもカタチはありますが、人間はプライスレス)は、カメラや照明機材とスタジオ(撮影、録音)設備くらいです。お客さんに手渡されるものは、書類とメディアくらいです。これらもネット通信を使えばカタチが無くなります。

機材費やスタジオ費用になどの、カタチがあるものの費用に納得がいかないお客さんは、そう多くありません。しかし、目に見えないものや作業工程・・・プロデュース費とかシナリオ費とかディレクター費とか編集費とか・・・については、「なんでこんなに高いの?」とよく言われます。

目に見えないもの、カタチが無いものの「価値」、しかもほとんどの人が経験の無い作業の価値が推し量れないのは、無理もないことかも知れません。それこそプライスレスな人間の価値を、具体的な金額に置き換えた「映像見積書」の各項目は、一般の方から見れば高額に映るのかも知れません。

分業による関わる人数の多さ

プロデューサー、シナリオライター、ディレクター、カメラマン、編集マン、MAオペレータ・・・。とにかく多くの職能が関わりますので、その人たちのギャランティを合わせると、実際に高額になります。

いま、巷で「通り値」になりつつある「3分1本30万円!」がなぜ可能なのかと言えば、この全部の職能をひとりでコナシてしまうからです。ただし、カメラマンでシナリオを書く(書ける)人はあまり居ませんし、プロデューサーが回すカメラって、信用されるのでしょうか。すべての職能を100%備えているワンマンプロダクションは、現実的には難しいことでしょう。バランスのとれた映像作品は、各分野のプロフェッショナルの叡智を集めないと、完成度の高い作品づくりは難しいものです。


弊社はThree Men Production

プロデューサー・シナリオライター・ディレクター・編集マンで1人

カメラマンで1人。

MAオペレーターで1人。

だから「3分1本30万円!」は無理ですが、フルスタッフ制作体制で300万円掛かる映像ならば、150万円の予算で可能になることも大いにあります。

弊社は安値を売りにするプロダクションでは、まったくありませんが、Reasonableであることは間違いありませんので、お知らせしました!


映像制作費はなぜ高額なのか?


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.