• Tomizo Jinno

映像制作案件・アニメーションに騙されるな!(その3)

「アニメ」にはいろいろある

映像制作会社側は、アニメーションという映像手法を、ものすごく広範に捉えています。

文字や記号を画面の左から右に動かしただけのもの

イラストで描かれたキャラがパラパラ漫画のように動くもの

図表のグラフが伸びるもの(2D、3D)

画面内に描かれたグラフィックデザインや、アイコンが動く

2Dで描かれたキャラクタが2次元的な動きで芝居をする

3Dで描かれたキャラクタが3次元的な動きで芝居をする

手書きで描かれた画像やキャラクタが、連続するなめらかな動きで芝居をする

エトセトラエトセトラ


「そんなのアニメじゃない」

と言われるものもあると思いますが、我々映像制作会社に相談されるさまざまなお客様が、これらをそれぞれ「アニメ」と呼ばれるので、我々としてはすべての可能性を想像しながら、お客様のお話を伺う立場ですので、こうなるわけです。

ですから、「アニメで」と言われると「例えば、ネット上にあるどのようなタッチのものをお考えですか?」という訊き方で、お客様が考えておられる「アニメの定義」を、まず探ります。次に「ご予算は?」。

お客さんが考えているアニメと、ご予算を伺うと、まずはそのご希望プランが実現可能かどうかわかります。


(お客さんがイメージしている)アニメーションの多くは、予算が掛かるものです。お客さんのアニメ観を伺わずに、予算だけを伺ってアニメを作る、という映像制作会社には注意が必要です。

これもアニメ?


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.