• Tomizo Jinno

映像制作・プロとアマを隔てる心得

①お客様満足と、お客様のソリューション解決を両立させる

②お客様からソリューション解決の障害になる希望を伝えられた場合は、そのことを誠実に伝え、ソリューション解決を第一に業務に当たる


③企画のために充分な情報収集を行う


④企画案についてお客様と共通認識を持てる、きめ細かで的確なコミュニケーションを行う


⑤不可逆な制作プロセスにおいては、必ずお客様組織内での情報の共有、ならびに決済のための資料を提出する


⑥撮影現場で起こり得る様々な問題をすべてクリア(対策)して撮影に臨む


⑦撮影はできるだけお客様に迷惑を掛けないことに留意するが、必要かつ充分な素材の収録ができるまでは最大限の努力をする


⑧企画案(シナリオ)に沿った編集を行い、変更して編集する場合は承認を得て行う


⑨試写を行う場合は、修正箇所を反映したシナリオを併せて提示する


⑩ナレータはプロの起用を大前提にする


⑪ナレーション録音は、必ずお客様にお立ち会いいただき、その場で承認を得る


⑫納品が終了した案件に関わるデータ類は、整理分類して守秘義務を履行しつつ保管、後の継続業務に備える


映像制作・プロとアマを隔てる心得


Recent Posts

See All

静止していても動画は違う

それは違います。 雲も陽の光も、もちろんさざ波も動いています。 この「息遣い」は映像でなければ伝わりません。

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.