• Tomizo Jinno

映像制作マンが多焦点眼内レンズを入れたら(その6)

Updated: Sep 2

1週間後検査

2月26日(水)に右目、3月4日(水)に左目の置換術を行い、いずれも翌日には眼帯をはずした。だから両眼多焦点眼内レンズという生活を始めて1週間の昨日の検眼結果。


【遠方】(たぶん5m)

右目1.2

左目1.2(乱視矯正して1.5)


【30cm】

右目0.6

左目0.9


【50cm】

右目0.8

左目1.0


慣れれば大丈夫と言うけれど

視力としては普通の生活なら問題無いような数字だが、「近いところの見え方」と「光源が何重にも見える」の違和感には、慣れるのに時間が掛そうだ。


文字を読む、書く、がまだ疲れる

新聞やパソコンの画面を見る(読む)と、どうにも視野がモヤモヤしていて、だから目を凝らしたくなるのだが、凝らしたところでモヤモヤは消えないから、結果目が疲れる。いや、目が疲れるのではなく後頭部が疲れる印象がある。それと、ちょっと気持ち悪くなる。もともと目眩があったので、三半規管の問題かも知れない。


ひとりでロマンチックになっていてもしょうがない

夜間の運転も眼鏡なしでできるが、世界観はもう「ロマンチック」。

あらゆる光源がニジニジと輝き、よく言う「シャがかかった」状態。しかも、光源の周辺には核になる象(光源)の周辺に、滲んだような輪が同心円状に重なるのだ。 このトピックス「映像制作マンが多焦点眼内レンズを入れたら」→ 一覧



まあ「こういうもんだ」だと思えば

そう気にならなくなるのかも知れないが、まだ昔のくっきりした画像の記憶があるうちは、違和感を感じ続けるのだろう。


次の診察(検査は)3週間後だ。

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.