• Tomizo Jinno

映像は想像力を奪う、かも

映像というのは身も蓋も無い

映像制作を生業にしておきながら言うのも何ですが、映像というのは身も蓋も無い創造物・表現だと私は思うのです。

そのむかし、ミュージシャンがプロモーションビデオ(PV)をつくることがまだ定番化していなかった時代(だいたい30年くらい前かな)、ミュージシャンの中には「PVは嫌い」という人が結構いました。その理由は「イメージを限定しちゃうから」。

無限の拡がりを持って欲しい

この気持ちよくわかります。もちろん音楽家は一定のイマジネーションを頭に持ちながら作詞、作曲すると思いますが、一方で歌詞やメロディーは聞き手の想像力によって、無限の拡がりを持って欲しいものです。

マーケティング的にみても、新しい音楽を世にリリースする時、その音楽に映像が付随していた場合、視聴者が記憶する音楽のイメージは、ほぼ必ずそのイメージに縛られ、ターゲットを限定してしまうのではなないでしょうか。

今の時代、映像という解説書付きでないと音楽がよくわからない、ということなのかな?

想像力を掻き立てるラジオの世界

実は私はラジオドラマや、ラジオのトーク番組(静かなやつ)が大好きです。ものすごく想像が広がるから。

そして、私は本を読むスピードが著しく遅いです。なぜならば、私はいちいち文字を映像に置換え、脳裏で映画を上映しているから。この映像を思い浮かべる性質がシナリオライター向きなんでしょうね。

そういえば、PVって昔から、仕事で映像制作する人は演出を請けなかったような気がする。自分のイメージを押し付けるようで、そういうのあんまり好きでない人がこのB2B映像制作業界、案外多いんですよね。

話がとりとめなくなってしまいました。 今日はこれでおしまい。

(2015年6月14日のブログをアーカイブ)

映像というのは身も蓋も無い 映像制作を生業にしておきながら言うのも何ですが、映像というのは身も蓋も無い創造物・表現だと私は思うのです。

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.