• Tomizo Jinno

映像にイントロや溜めのある曲を使ってみる

イントロや溜めのない、盛り上がりもない曲を使うと、映像もそういう編集になります。つまり起承転結や盛り上がりが無く、一定のリズムでいきなり始まり、そのリズムのまま終始して、そのまま終わるという構成です。いや、「構成がない」と言うべきでしょう。


構成が無いからすぐ飽きる

構成がないということは、つまり物語が無いといこと。1枚の写真をずーっと見ているようなものだから、30秒も見ていれば「もうわかった」になってしまいます。


映像の音楽はBGMになってしまった

映像に挿入される音楽の傾向は以前とは大きく変わってきて、昨日の記事に書いた「間」や「溜め」が無く、リズムやメロディーにも加速度や盛り上がりが無いものが好まれています。たぶん最近の音楽は、リズムをコンピュータが刻んでいるからではないでしょうか。たぶん映像に合う合わないということではなく、今は多くの人がそういう音楽を聞いているから、それがフツーなのでしょう。(みんな、じゃないですよ。念のため)

視聴離脱されたくないなら

イントロ、サビ、エンディングがある音楽を使うか、3曲以上を使ってみてください。それに合わせて映像を編集すれば、必ず構成が生まれてきます。

いちどやってみてください。


映像にイントロや溜めのある曲を使ってみる

愛知・名古屋の映像制作会社なら株式会社映像設計です。

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.