• Tomizo Jinno

企業や行政PR映像のエンドクレジット

誰の視点でモノを言っているのか

企業映像でも、行政PRでも、その映像を企画・制作したのが誰なのかを明示することは、僕はとても良いことだと思っています。もちろん責任の在り処を示すという意味もりますが、それよりも視聴者のメディアリテラシーのために重要な情報となるからです。同じ情報でも、言った人が違えば、意味が180度変わることだってあるからです。

では、そこにクレジットされるのはどういう人たちでしょう? 企画:

その映像を立案した人、組織など


制作:

企画に基づき、企画者の意図を汲み映像制作を指揮した人、組織、または実際に制作した人、組織など


協力:

撮影場所や商品、サービス、資料の提供が多いですが、広く様々な意味で使われる表記です


監修:

企画者の指示や制作者の意思で「内容責任担保」のために依頼された人です


企画制作:

企画及び制作を同一人物、組織で行う場合の表記


制作協力:

「協力」は物品やデータの無償(安価)提供のように、ほとんど労力を伴わない場合が多いですが、 「制作協力」と表記すると、大きな割合で共同して制作実務に関わった人、組織になります


人によって使い方が違うことも

いずれも、厳密に定義されているわけではなく、人や組織によって捉え方は微妙に異なります。 例えば、資料を提供いただいたり、撮影許可をいただいた程度でしたら「協力」で良いと思いますが、協力割合が大きいと「制作協力」がよいかも知れません。


利害関係者

「制作協力」や「監修」する人、組織とは、制作過程で随時意見を伺いながら作業を進める必要があります。 企画、シナリオ作成段階で確実に内容承認をもらっておかないと、撮影、編集段階になって、手戻りになる修正意見を言われ、制作が頓挫する恐れがありますので、注意が必要です。

また、こうした協力者とは「著作権」について微妙な関係性になるため、完成品や一部を他のメディアに展開しようとする場合などは、出演者、制作者以外にも、個別に承認を得る必要が生じる場合があります。

企業や行政PR映像のエンドクレジット

愛知・名古屋の映像制作会社なら株式会社映像設計です。



映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.