• Tomizo Jinno

ビジネス映像専門プロダクション 株式会社映像設計

「映像コンテンツ制作ビジネス」

と聞いて、今一般の人が想像するのは以下のようなものではないだろうか。

視聴メディア(媒体)は同じであるものもあるし、複数メディアに跨がるものもあるが、あくまでコンテンツとしてのジャンル分けである。

①テレビ番組制作

②映画制作

③娯楽アニメーション制作

④CM制作

⑤ブライダルビデオ制作

⑥DVD制作

⑦CG制作

だいたいこのくらいではないだろうか。


新規参入したYouTuber

最近では、ここにYouTuberという職業?も入るのだろうか。

実際の制作会社はある程度の専門性を持って、例えばテレビ番組でもドラマ専門であったりドキュメンタリーが得意であったりするが、バラエティから教育番組まで総合的に制作している会社もある。

また、映画を制作する会社がCMも制作していることも、よくある。

「DVD制作」というジャンルは、ハウツー物や鉄道マニア向けのものなどを制作する会社もあるだろう、ということくらいは一般の人も想像がつくというか、知っている。


B2B映像制作というジャンルは出てこない

しかし、こうしたジャンル分けに「B2B映像制作」とか「ビジネス映像制作」という、企業から制作を請け負って、一般のメディアに載せないコンテンツを制作するビジネスは、なかなか挙がってこない。僕が「企業の映像を制作しています」と言っても「へえ、そういう仕事があるんですか」です。

実際にはこうしたビジネス映像は、上記に列挙したような制作会社が、副業のようにして請け負っていることも多いく、本業にするには社員(制作スタッフ)に人気がなく、表立って営業しているわけではないのだ。


どうしてか?

①題材、テーマはクライアントが決める

②クライアントの都合や意見を最優先しなくてはならない

③クライアントチェックが細かい

④興味のない分野でも詳細に調べて理解しなくてはならない

⑤視聴者が限られていて、テレビ番組のようにみんなに自慢できない

⑥被写体も撮影場所もとにかく地味

映像業界に就職してくる若者の多くは「メジャーな仕事がしたい」「テレビの仕事に関わりたい」「タレントや有名人と関わりたい」「取材先にチヤホヤされたい」「友達に羨ましがられたい」といった、かなりミーハーな気持ちをもっていることは確かだ。


弊社はB2B映像制作専門

申し訳ないけれど、弊社にはミーハーな仕事は皆無です。

また個人の方からの発注もお受けしていません、法人、団体専門です。

僕が「大衆受けする映像」を制作するというのが苦手である、ということもあります。

限られたターゲットに突き刺さる映像をつくることが面白いと思うので。

地味な仕事が大好きで、スタッフには申し訳ないけれど、これからもこれ一本でいきますので、よろしくお願いね。


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.