• Tomizo Jinno

いま作ってみたい映像

ウイルスが拡散していく様子を可視化してみたい

ウイルスは小さ過ぎるだけでなく、たぶん色もないので、どれだけ大量にそこにあっても目には見えないと思います。ということはカメラにも映りません。もちろん毒性のあるウィルスで実験映像をつくるわけにはいかないけれど、目に見えない微細なものが、飛沫や人の手を介してどのように感染を拡げていくかを映像化することはできると思う。


例えば・・・

化学式も性質も大きく違い、科学者、化学者に言わせれば「ちょっと違う」と言われると思うけれど、例えばデンプンの粉で実験するのはどうだろう。分子の大きさも破格にデカいので、人間の目にも見えてしまうけれど・・・以下、カット割り。


・ある男 Aが両手で口を押さえながら大きく咳をする

・Aが電車に乗り、つり革に掴まる

・そのつり革にBが掴まり、次の駅で降りる

・Aが会社に出社して、エレベータに乗り行き先階のボタンを押す

・駅を出てコンビニに入ったBが、セルフサービスのコーヒーを淹れプラスチックの蓋をしようとするが、2枚とってしまったので1枚を返す

・Aが触れたエレベータのボタンをCが押す

・Bが戻したプラスチックの蓋をDが紙コップに被せ、その場で飲む

・エレベータを降りたCが、歩きながら鼻をほじる


ヨウ素液に反応するデンプン

たしか、デンプンはヨウ素液に反応すると青紫になると習いましたよね。そこで、これらのシーンをもういちど頭まで戻し、それぞれのシーンで指が触れた瞬間をフリーズして、ヨウ素液を吹きかけるとそこが青紫色に変わる。そうしたカットを積み重ねるとウィルスがどんどん伝搬している様子がよく伝わらないかな?



映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.