• Tomizo Jinno

「集団感染」と「感染集団」は映像になると同じ

「感染爆発の重大局面」

小池東京都知事の記者会見で見せたフリップを見て笑ってしまった。いや、この時期では不謹慎なので笑いはしなかったが。

巷のひそひそ話が、あっという間に当事者の耳に入る今の時代だから、あれこれ言われるのも面倒なので、さっさと言い換えてしまえ、ということなのか。

果たして(オーバーシュート)と併記されている、この中国語みたいな日本語が「わかりやすい」のか・・・。

「クラスター」を「集団感染」と言い換え

これは、明らかに誤訳だ。それを言うなら「感染集団」だ。これもなんだか中国の会社の名前みたいだけど。

まあ、たんに滑稽だというだけなら笑って済ませていいのだけれど、「集団感染」と「感染集団」では、意味が違うわけで、見過ごせないと思うのだが、あなたは平気か?


・・・と、ここでハタとと考え込んでしまった

「集団感染」を映像で捉えようとすると、たぶん教室の子供たちが全員マスクをしている様子だとか、病院の廊下まで溢れ出ている患者の集団だとかを撮るだろう。

あれれ?その絵ってまさに「感染集団」じゃないか!?


嘘つき共犯者

そうか、映像にすると結局同じ絵になっちゃうのだったら、どちらの言葉でも同じ意味なんじゃないか!?

いいや、やっぱり違うのだ。

映像では「感染」は捉えようがないから、便宜的に「近い絵=感染した人たち」を撮るしかないからそうなっちゃうのだ。

だから、映像は嘘つきだと、いつも僕は言ってるじゃないか!?


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.