• Tomizo Jinno

「解像度を上げて・・・」をネタにしている海外ドラマ発見

Updated: Mar 3

刑事ドラマの怪

今日は日曜日だからブログはお休み予定だったのだけれど、ちょっと面白いものを発見したので。 録画してあったBSの海外ドラマを見ていたら、始まったばかりの探偵ドラマ「Take Two」の主役男女のやりとりで、女性が「(画像に映る車のナンバープレートの)解像度を上げて!」と言うと、男性が「それはドラマの中の話し」と小馬鹿にする台詞を吐いた。

昔このネタでブログを書いたことがあるのだけれど、いまだに日本でも海外でも刑事ドラマなどの捜査ものドラマで必ず出てくる、監視映像などの録画ビデオ画像を「ここを拡大して!」というと、解像度が上がってしまう茶番劇。

やっぱりわかってたんですね。

UIやモーションデザイン もすごいことになっている

それはさておき、NCSIとかHAWAII FIVE-O などの捜査ドラマ、刑事ドラマに必ず出てくるブリーフィングシーン。そこでは大きなモニターに犯人写真やら衛星画像やらが映し出され、そこに挿入されるテキストグラフィックがやたらカッコよくデザインされている。さらにタッチ画面のUI(ユーザーインターフェイス)も必ずモーションデザインが組み込まれていたりする。猫の手も借りたい捜査中のスタッフの、一体誰があのコンテンツを入力して、モーションまで付けているのか・・・・新たな不思議なシーンは今もまだまだ生まれ続けていたりするのだ。


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.