• Tomizo Jinno

「映像制作」と聞いてどんなジャンルの映像を思い浮かべますか?

「映像制作の仕事をしています」

と、人に言うと「あ、テレビの仕事ですか?」とか「(テレビ)アニメ作ってるんですか?」とか、「映画は作らないんですか?」とか、いろいろ言われるのですが、B2B映像という分野の映像制作を想像する人はまず居ません。


非公開の映像制作が基本だった

僕らB2B映像制作の仕事は、最近でこそWEBに掲載されて公開されるようになりましたが、ほんの10年前まではほぼ確実に一般の方(制作意図の対象外の人)の目には触れるものではありませんでした。映像を作る人間は誰でも「テレビで放送して欲しい」と考えているわけではありません。むしろ、「一般大衆向け」でないことに誇りを持っている映像制作者も居るのです。


テレビもアニメも映画も

どれもやった(制作した)ことはあります。

行政が市民にPRするための番組(特番)やら、アニメーションによる教育用ビデオやら、フィルム撮影による広報映画も撮ったことはりあますし、制作一式を請負ったこともあります。どうして「ことはあります」と言うかというと、もっと他にもいろいろやっているので、「テレビの仕事ですか?」と言われれば「(稀にやりますが、正確にはそればかりではないので)違います」と言うしかありません。


「企業の映像を作っています」

と答えると、相手の方は一気に興味を失ったような表情をして話題を替えようとします。そこで「時々TV-CMを作ることはあるんですけどね」と言うと「え!?どこのCMですか?」と質問され、そこで有名企業の名前を出せば話は続き、放送量の多いCMを作ったと言えば、根掘り葉掘りあれこれ聞かれます。

逆に聞いたことのないような会社や商品のCMを作った、と言うと目が泳ぎ始めます。

「話題を変えないとまずい」と感じ始めるようです。


テレビはメジャー?プロ?

テレビ番組やCM、映画の映像を作る人は「メジャーな人」「プロの人」という先入観は、どうしても拭えないようです。そして、我々のような一般企業がビジネスユース目的で制作する、メディアに載らないような映像を作る仕事をする人(会社)はマイナーで、せいぜいセミプロという認識を持たれることが多いようです。

一般の人のこうした誤解は、実情を知らないので致し方ないことだと諦めていますが、今はメディアに載る映像=スゴイ映像では決してありません。


その道のプロは密やかに仕事を続けている

映像でなくても、その分野の技能を要する様々な職業にはそれぞれ熟練のプロがいますが、そうした業界で優れた人が皆有名なわけではありません。聞いたことも見たこともない人が、誰よりも優れた仕事をしていることが多々あります。

同様に、映像の世界でもメディアに取り上げられないところで、スゴイ仕事をしている人はゴマンと居ます。


実績作品をよく吟味してください

切に願うのは、せめて自分の会社、自分の仕事のPRを映像で、と考えるときは、その人(プロデューサー、シナリオライター、ディレクター)が作る映像を自分の目で確かめて「この作品を作る人ならば制作を任せてもいいだろう」と決めて欲しいということです。「テレビ番組を作っている会社の人だからいいだろう」とか「TV-CMをつくっているから大丈夫だろう」ではなく、その人が自身で作った映像を観てみて「これを作れるならいいだろう」と判断してください。

自分の価値観で構わないので、映像の良し悪しの判断は自分で責任を持って行わないと、B2B映像では制作会社から満足がいく映像が納品されることは難しいです。

そういうものです。


映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.