• Tomizo Jinno

「動画クリエーター」という職業

ユーチューバーと類義語?

今は「動画クリエーター」という職業があるらしい

Youtubeに「自分が撮った(つくった)映像をアップすることを生業としている人」のことのようだ。彼らがアップした映像を見てみると、たしかにドーガである。

「動いているモノを撮っている」から動画なのだ。


ほぼ1カット

大概が、たまたまそこに居合わせたか、カメラの前にその「動いているモノ」を置いて撮った映像だ。

ハウツーを教えている人を撮っているだけ、とか

普通ではやらない奇行を撮っているだけ、とか

というドーガもよく目にする。

なかには動いていないものをカメラを動かして撮ったドーガもある。

話題の内容が面白かったり、出演者に人気があれば再生回数は伸びるだろう。


つくるのは簡単

こうしたドーガは、そこにある様子をムービーカメラでフレームに切り取って、NG部分を削って、タイトルつけて、テロップ入れて、音楽を入れればできあがりである。

被写体がもともと面白いのであって、映像制作の技能はさほど要らない。

彼らは動画クリエーターではなく、言うなれば「コミュニケーションクリエーター」だろう。

「映像制作って、そもそもそういう仕事じゃないの?」


否。

職業映像制作者が行っている仕事は、そういうものではない。

対象は、そこにあるものでもいい、創意発意したものでもいい。

僕らBtoB映像制作業の場合は、クライアントが希望する「コト」がそれにあたる。

その「コト」を視聴者に対してテーマとメッセージを設定し、それらにどうアプローチすることで、より明確に伝えるか・・・そうしたことを予め計画して、提案し、承認をいただいて、その計画どおり創作してみせることである。


なにもないところから始まる

職業映像クリエーターは、何も無いところから始めて、素材を準備し、加工して、カット割りを工夫しながらアレコレ撮影して、アニメとかつくって、多くの撮影素材を切り落とし、あーでもないこーでもないと編集してみながら創っていく作業をしている。

もちろんこれらの作業は分業しても、それぞれの職能は映像クリエーターと呼んでも構わないと思うけれど、カメラを回してネットにアップする人をなんでもかんでも「クリエイター」と言うのはヤメテ欲しい、と心から思う。

僕ら職業クリエーターの仕事もそういう仕事なんだ、と勘違されてきているキライがあるから。


「映像クリエーター」の価格

今日は大晦日だが、家人に不義理をしながら昨日まで三日間、(最後に大掃除する)寝室にパソコンを持ち込んでシナリオ+絵コンテを作っていた。実写ではなく2Dアニメによる商品(技術的)PRなので、考える時間、作画する時間、とても時間がかかる。今回は3分の作品だから3日でなんとか終えられたが、それはこの商品PRの実写版シナリオを以前書いたことがある、という商品理解があったから。

ふつうにやればたぶん1週間くらい必要だろう。

今回のこの絵コンテ。

見積書上の明細では30万円。

僕らの仕事はそういう仕事です。



映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で23年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.