Tomizo Jinno
Jun 29, 2018

モーショングラフィックスと音楽とリズム感と

0 comments

Edited: Jun 29, 2018

モーショングラフィッカーはミュージシャン

この動画も、とても「ノリが良い」ですよね。

 

映像(動画)には「時間」があるので、写真や静止画と違い「リズム」があります。

ミュージックビデオを観るとよくわかるように、実写映像では音楽のリズムに同期させてカットをつなぎ、この編集作業によってリズムを発生させます。(一般に)

いっぽう、今日シェアしたモーショングラフィックス映像も音楽にシンクロして、リズムよく編集していますが、それ以前の作画の時点で、オブジェクトの動き方自体にリズムがついています。

 

ところで、バンド演奏をやっていると、ベースやドラムの担当者がよく「ノリがいまいち」とか「ノリが悪い」とか言ったり、言われたりします。

楽器を演奏する人ならばわかると思いますが、単純に正確にリズムを刻むだけでは、ノリが出てこないことを体験していますよね。

僕も学生時代はロックバンドでエレクトリックベースを弾いていました。

時にブラスバンドなどの演奏にも参加していましたが、そこで感じるのは「なんかノレないなあ」という感覚。

 

また、ロックバンドのドラマーは「タメが大事」という言葉もよく口にしました。

「前ノリ」とか「後ノリ」という言葉もありました。

 

たぶん、こういうことなんだと思います。

クラシック音楽では譜面の1小節に4分音符が4っつあれば、1小説を4分割した時間の幅の、そのまた真ん中が発音する(太鼓を叩いたり、楽器を奏でる時に音を出す出す瞬間)タイミングなのですが、おおかたのロックの演奏は4分音符の幅の後ろの方がタイミングになっていて、つまりそのわずかな遅れが「タメ」として感じられるのだと思います。また、4ビートのジャズ演奏などでは、逆に音符の幅の前の方がタイミングになっていて、なんとなく「突っ込んでいく」気持ち良さを感じる・・・のではないかと。(曲によって前ノリ、後ノリ、どっちが良いか違いがあるので、ここはあまり突っ込まないでネ)。

 

モーショングラフィックスのオブジェクトの動きを作り出す作業は、まさにこのタメや突っ込みを意図的に作り込む技術とセンスが欠かせない仕事です。

例えば画面に置いた文字の動きひとつにしても、初速と中間速度、キマリ位置に収まる時の速度が全部一緒では絶対にダメ。それではリズムは生まれません。

時には期待を裏切ってシンコペーションしてみたり、三連符を刻んでみたり。テヌート、スタッカート、フェルマータで変化もつけたいものです。

まず、こうした音楽表現を(知識はなくても)体で知っているいる人でなければ、映像でそのリズムを発生させることは無理です。

 

世にはモーショングラフィックスが氾濫していますが、おおかたが1本調子で終始しておしまいばかり。

今日はいいものを観せていただきました。

New Posts
  • Tomizo Jinno
    Oct 15

    手前味噌ですが、株式会社映像設計がつくったインフォグラフィックスムービーです。 とかく難解な保険商品を「動く図解」で説明しています。 ここにシェアした「介護・認知症保証」篇(ほかに12篇あります!)は、なんと7′35″もある作品ですが、たぶん視聴ターゲットになり得る方だったら最後まで視てしまうのではないかと思います。 インフォグラフィックスムービーでいちばん大事なのは「シナリオ」です。難解なテーマをすんなり腑に落ちる論理展開で構成しました。どうぞご覧ください。
  • Tomizo Jinno
    Sep 27

    構成も演出も非常に安定していて、隙がないつくり。 なによりも出演者を厳選して、しかもちゃんと新規に撮っている映像ばかり(と推察)。 こうした仕事の要はプロデューサーの力量とクライアントとの信頼関係。 ところで、一般の目からは、こうしたいい仕事をした人が誰なのかななかわからないこの業界。そこんところなんとかならないものだろうか。
  • Tomizo Jinno
    Sep 27

    「週刊」などと銘打っておきながら、めちゃめちゃ久しぶりの投稿。 こちらのような巨大な企業体の企業紹介となると、様々な産業であるばかりでなく世界中にネットワークが拡がっているので、映像もめちゃめちゃ広範囲な取材が必要になる。 だから、たぶんこういう映像の場合、過去に撮った映像を集めて編集するのだろう。だが、この映像に使われているカットはどれもカッコよく、品位も揃っているので、まさか全部新規撮影!?いやいやいくらなんでもそれはないだろう・・・羨ましすぎる。 構成もシナリオもオーソドックスそのものだが、オーソドックスが作れる人材も少なくなったんだろうなあと思う。だってもうみんないい歳だから。

映像を制作するなら名古屋WEB動画制作所。VPやCM、プロモーション映像の企画制作で22年の実績を誇るプロダクション

株式会社映像設計が管理運営するWEBマーケティングサイトです

〒460-0007愛知県名古屋市中区新栄二丁目4番5号東和パークビル西館401

​tel.052-262-8415 Fax052-262-8418

© 2015 All right reserved by Eizo Sekkei Co.,Ltd.